ようこそ、原生林問題研究会へ。ブナ原生林から発信。自然・社会・文化・環境。

ブナの花・写真と解説

ブナの花・写真と解説

ブナの花・雄花は下に垂れ下がる、雌花は上を向く
  • 下の三つは雄花、上のは雌花
  • 雄花は下に垂れ下がる、雌花は上を向く
  • 花と葉は同時に開く
  • 雌雄同株
  • 雌花と雄花が同じ株にできる。

  • ここでは株とは、一本の木のことである。即ち一本の木に雌花と雄花ができる。
  • 風媒花
     雄花の花粉は数十メートル飛散して、他の樹木の雌花と受粉する。
    • 風媒花の花は目立たない。例 ブナ、ダケカンバ、マツ、スギ、ヨモギ、イネ
    • 虫媒花の花は目立つ。  例 トチ、ラン、リンゴ、ユリ、カボチャ、ヒマワリ
  • 自家受粉の回避機構
    • 遺伝子の多様性を確保するために、自家受粉回避装置を持っている。
    • 例えば雌花と雄花の開花時期をずらすなどの工夫をしている。
  • 撮影者 shirafuji chikara


a:12867 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional