ようこそ、原生林問題研究会へ。ブナ原生林から発信。自然・社会・文化・環境。

ブナ林の分布

FrontPage

 ブナ林の分布(日本と世界)

(日本)

ブナ原生林は、日本の比較的涼しい地帯に分布しています(冷温帯)。
日本の原生林の中で、最も広い分布域を有しています。
そのため日本はブナの森の国ということができます。

  • 北は、北海道南部が北限(渡島半島の黒松内、長万部、奥尻島)です。
  • 南は、鹿児島県南部が南限(高隈山)です。

関東の

  • 平野部は照葉樹林帯(常緑広葉樹林帯)ですが、
  • 山岳部はブナ林帯(落葉広葉樹林帯)です。
    東京の水も利根川源流部などのブナ林地帯から流れてきます。

(世界)

世界には、ヨーロッパブナ、オリエントブナ、中国ブナ、アメリカブナなど、約十種が知られています。
ところがその多くは長い歴史の中で失われてしまいました。

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional